So-net無料ブログ作成
検索選択

ロマゴンとゴロフキン [スポーツ]


ボクシングの世界戦を見ました。

ニューヨークのMSGで行われた興行。
まずは無敗の王者、ローマン・ゴンザレス。

挑戦者はタイのソールンビサイ。
両者ともに軽量級の選手とは思えない
KO率を誇っています。

いきなりダウンしてしまうロマゴン。
その上、不運なバッティングで出血してしまいます。

出血が止まらず苦しい戦いを強いられますが、
それでも徐々にロマゴンのペースに持ちこみ、
判定ではロマゴンの勝利かと思いきや、挑戦者の判定勝ち…。
ロマゴンが負けてしまいました。。。

続いてミドル級のゲンナジー・ゴロフキン。
17試合連続の世界戦連続KO防衛中の王者です。

あと1試合で記録を更新するそうなのですが、
今回の相手は強敵のダニエル・ジェイコブス。

序盤でダウンを奪ったゴロフキン。
その後も一方的なペースかと思いきや、
後半、ジェイコブスが盛り返してきます。

と言っても、ジェイコブスらしい回転力は
殆ど見られず、結果は小差の判定にもつれこみます。

どちらが勝ってもおかしくはなかったと思います。
結果はチャンピオンの防衛勝ちでしたけど、
連続KO勝ちの記録は途絶えてしまいました。

nice!(6) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 6